カルシウムグミは何歳から?【子供から中学生・高校生まで使える身長サプリ】

Pocket
LINEで送る



カルシウムグミは何歳から?

手軽においしくカルシウムを補給できるサプリ『カルシウムグミ』。
こちらでは、カルシウムグミが何歳から使えるのか、成分や使い方を解説します。
他にも、

  • 口コミ
  • 安全性
  • 最安値情報
  • 販売元の会社

についても調べました。

 

カルシウムグミは何歳から使えるの?

カルシウムグミは何歳から

パッケージなどの印象から、小学生くらいのこども向け、というイメージがある『カルシウムグミ』。実際はどうなのでしょうか?

 

6歳から使えます

販売元によると、カルシウムグミを使うことが出来るのは、6歳からです。形状がグミタイプであり、それなりに弾力もあるため、6歳未満のこどもが使うと誤飲喉詰まりの危険性があります。もし食べさせたい場合は、大人がしっかりと見守ってあげてくださいね。

 

中学生・高校生は使える?

中学生・高校生も使うことが出来ます。この年齢は成長期の後半といわれ、身長の悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? カルシウムグミには、中学生・高校生に向けてに作られている商品「 カルシウムグミB1」もあります。

 

大人は使える?

大人でも使うことが出来ます。おやつの時間にみんなで同じものを食べれば、お子様も楽しく、安心して食べられるかも知れませんね。もちろんカルシウムの補給にもなります。
個人差はありますが、ある程度年齢を重ねると、身長を伸ばすための軟骨がなくなってしまいますので、カルシウムやコラーゲンを補給する栄養機能食品として、 お楽しみください。

 

カルシウムグミの成分は?

カルシウムグミは、2018年8月現在、4種類が発売されています。

味や成分がそれぞれ異なり、成長期のお子様に必要な成分が含まれています。

商品ごとの成分を表にまとめました。

カルシウムグミ カルシウムグミV+ カルシウムグミFe カルシウムグミB1
ヨーグルト イチゴ グレープ レモン
ヨーグルト イチゴ グレープ レモン
基本の成分 カルシウム
マグネシウム
亜鉛
ビタミンD
コラーゲン
商品別の成分 バリン ビタミンC 鉄分 ビタミンB1
ロイシン ビタミンA チロシン DHA
イソロイシン ビタミンB6

 

基本の成分

すべての商人に含まれているのは、以下の6つの成分です。

栄養素 骨への働き その他の働き
カルシウム 骨や歯を作る 細胞の活動を助ける
イライラを抑える
免疫力を高める
止血作用
マグネシウム 骨の新陳代謝を助ける
骨の成分の50~60%
新陳代謝を助ける
イライラを抑える
血圧を下げる
亜鉛 骨を丈夫にする 新陳代謝を助ける
免疫力向上
味覚を正常にする
うつ病の緩和
ビタミンD カルシウムを吸収させやすくする ビタミンAの吸収を助ける
筋肉増強
コラーゲン 骨をしなやかにする 肌に潤いを与える
髪や爪を健康にする

 

カルシウム

骨と言えば カルシウム。
カルシウムは、骨や歯を丈夫にする上で欠かせない成分ですが、他にもいろいろな働きがあります。

  • 筋肉の収縮
  • 神経細胞での情報の伝達
  • 出血した時に血液を固める

カルシウムは血液の中にも存在していて、栄養として使われます。この血液中のカルシウムが不足してしまうと、骨から溶け出して補充されます。

また栄養として使われなくても、古いカルシウムは新しいカルシウムと交換されていきます。

そのため、常に補う必要があります。子どもであれば成長が阻害され、年をとると骨粗鬆症のリスクになってしまいます。

小さいうちからしっかりとカルシウムを補い、骨を丈夫にしておくことは、身長を伸ばすだけではなく、大人になってからの生活にも影響をあたえるのです。

厚生労働省が発表している日本人の食料摂取基準と栄養素等摂取量を比較すると、どの世代もカルシウムが充分に食事で補えていないのが現状です。

マグネシウム

マグネシウムは骨を作る細胞を助け、吸収するカルシウムの量を調整する役割があります。

骨は毎日少しずつ作り替えられています。骨の量を一定に保つためのホルモンやビタミンを調節しているのがマグネシウムです。

長期にわたりマグネシウムが不足すると、骨粗鬆症になることもあります。

また、骨以外の新陳代謝にも、大きく関わっています。

亜鉛

亜鉛は骨の成長を促進する成長分子を合成したり、分泌することに関係しています。亜鉛が不足すると、骨を作る速度が遅くなり、結果として身長が伸び悩んでしまいます。

ビタミンD

ビタミンDはカルシウムの吸収を手助けします。

実は、カルシウムはとても吸収されにくい栄養素です。せっかくたくさん摂取しても、汗や尿、便などと一緒に、どんどん体外へ出て行ってしまいます。

ビタミンDはカルシウムを運び、血液中に取り込みやすいようにしてくれます。

他にも筋肉を増強する働きもあり、負荷のかかった筋肉を修復するのを手助けします。

 

コラーゲン

コラーゲン、といわれると美容のイメージがありますが、肌以外にも身体の至る所で使われています。

骨にも同様で、骨の中にコラーゲンが充分にあることで、弾力が生まれ、丈夫でしなやかな骨になります。

 

商品別の成分

 

カルシウムグミ

カルシウムグミ
一番始めに発売された『カルシウムグミ』には『バリン』『ロイシン』『イソロイシン』が入っています。

これらはまとめて『BCAA』と言われ、筋肉の代謝に影響しています。

運動をする際のエネルギーとして、糖質や脂肪と同様に使われる栄養素です。補給することで、疲労物質となる乳酸が上昇するのを抑え、長時間運動することが可能になります。

運動による刺激は成長を促すためにもとても重要なものです。

 

カルシウムグミV+

カルシウムグミV+
『ビタミンC』と『ビタミンA』が入っているのが『カルシウムグミV+』です。

ビタミンCは免疫力を高め、風邪などの病気にかかりにくくしてくれます。骨を丈夫にする働きを持つ、コラーゲンを作り出すときにも使われる栄養素です。

ビタミンAは疲れ目に効くビタミンです。骨や歯の成長にも影響し、不足すると発育不良になる可能性があります。

 

カルシウムグミFe

カルシウムグミFe
『カルシウムグミFe』には『鉄分』『チロシン』『ビタミンB6』が入っています。

鉄分は酸素を運ぶ『ヘモグロビン』の構成要素です。鉄はカルシウムと共に不足しやすい栄養素といわれています。とくに月経が始まった女の子は取っ手を期待率先して摂りたい栄養素です。

チロシンは神経伝達物質やホルモンを作る元で、集中力を高めたり、ストレスを弱めたりしてくれます。

ビタミンB6は、免疫や皮膚の抵抗力などを高めてくれます。ヘモグロビンを作る時にも使われるので、鉄と同時に摂ることで、貧血予防にもなります。

 

カルシウムグミB1

カルシウムグミB1
『カルシウムグミB1』は中学生・高校生に向けて新しく発売された商品で、『ビタミンB1』と『DHA』が入っています。

ビタミンB1は炭水化物の代謝を助けて、エネルギーを作り出す栄養素です。また、神経伝達物質の材料になり、集中力や記憶力を高めるサポートをしてくれます。疲労回復にも効果があります。

DHAは脳内で働き、脳神経を再生・保護し、滞りなく情報伝達する手助けをします。

 

アレルギー・副作用は?

食品であるため、副作用はありません。

推奨されている量を守って食べる分には問題はありませんが、一度に大量に食べた場合、体質によって、おなかが緩くなることがあります。

 

カルシウムグミのオススメポイント

カルシウムグミのオススメポイント

 

おやつ感覚で食べられる

カルシウムグミはグミタイプのサプリメントです。 溶かす手間のかかるドリンクタイプに比べて、そのまま食べられるカルシウムグミは手軽で簡単です。

 

味が豊富で飽きない

様々な味が楽しめるのも、『カルシウムグミ』の特徴の一つ。バランスの良い栄養を摂るためにも色んな味を組み合わせるのがオススメです。

おいしさにもこだわりがありモンドセレクションの最高金賞を8年連続で受賞しています。

 

長く続けられる

とにかく手軽に、こどもが手に取りやすいように考えられているカルシウムグミ。口コミなどを見ても、長く続けている方が多いです。

またカロリーも1回分6粒あたり23kcalで、控えめになっています。

 

牛乳嫌い・牛乳アレルギーでも大丈夫

成長サプリの中には、牛乳と混ぜて飲むものも多いですが、『カルシウムグミ』には牛乳の成分が含まれていません。

 

噛む力が身につく

『噛む力』を育てることも、グミタイプになっている理由の一つです。

食べ物はたくさん噛むことで、吸収されやすくなります。
噛む力を鍛えることで、成長をサポートします。

 

カルシウムグミの注意点

手軽さ、おいしさが売りの『カルシウムグミ』。
成長に必要な栄養素が厳選されて入っていますが、これだけで食事の代わりになることはありません。
普段の食事をしっかりとり、『カルシウムグミ』を食べることによって、一番効果を発揮します。

また、しっかりした弾力のあるグミであるため、小さなこどもの場合、喉詰まりの危険があります。 小さなお子さまのいらっしゃるご家庭では、手の届かないところに置くなど、気を付けたいものです。

水に弱い製品です。変色の可能性があるため、濡れた手で触ったり、冷蔵庫に入れないようにしておきましょう。

カルシウムグミは何歳から?【子供から中学生・高校生まで使える身長サプリ】 はコメントを受け付けていません。 子供向けサプリ